3D映像投影 Cheoptics360

| | コメント(0) | トラックバック(0)
Cheoptics360という立体的に見える映像を投影する装置です。



ほぼ完璧に、空中にホログラム的に映像が投射されているように見えます。
実際は、逆ピラミッド型に組まれた4枚のガラス・スクリーンに、4つのプロジェクターで下から投影することで、
どの方向から見てもピラミッドの中心部に映像が浮かんでいるような効果を得ているようです。

開発元は、viZoo社。Cheoptics360以外の3D映像投影技術でも、Free Format等、画期的な製品を世に送り出しています。

日本での取り扱いは丸紅が開始しているので、商用・イベント用として一般的な場所で目にする機会も増えてくるかもしれません。下記サイトに、デモ映像や技術的なFAQの掲載があります。
http://www.marubeni-sys.com/de/cheoptics360/index.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3D映像投影 Cheoptics360

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amatiny.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ADs by Google

このブログ記事について

このページは、tamaが2008年1月12日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マルチタッチスクリーン Interactive Touch Media Wall(Perceptive Pixel)」です。

次のブログ記事は「viZoo社の3D投影技術 Free Format」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01