Windows XPのVMware上に導入したFedora Core 6でPHPを動かすまで。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Windows XPにVMwareを導入し、その上でFedora Core 6を動かすまでのメモはこちらです。
http://www.amatiny.com/blog/2008/01/windows-xpvmwarefedoracoreperl.html


下記のURLを参考に、Fedora上でapacheとPHPとMySQLを動かし、ウェブからPHP経由でMySQLに接続するまでを実施。
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/mysql5_01/mysql5_01a.html

apacheとMySQLはFedora Core 6の導入時に導入済み。

rpm -qa php*で確認したところ、PHPについても、大体のモジュールはFedora導入時に導入されていた。

# rpm -qa php*
php-5.1.6-3.7.fc6
php-common-5.1.6-3.7.fc6
php-ldap-5.1.6-3.7.fc6
php-cli-5.1.6-3.7.fc6
#

php-mysqlが無いようだったので、yumを使って導入。

# yum install php-mysql

これで必要なモジュールはそろったはず。

最初に、http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/mysql5_01/mysql5_01c.htmlにある、phpinfoを実行するテストPHPを作成。

/var/www/htmlに配置して、ブラウザからアクセスすれば、特に問題なく表示することができた。

次にMySQLとの連携。
まずはMySQLの起動。
# /etc/init.d/mysqld start
MySQL を起動中:                                            [  OK  ]
#

次に、上記URLにあるconnecttest.phpを作成してブラウザからアクセス。
SuccessかFailureが出るはずが、空白が表示されてしまった。

apacheのエラーログ(デフォルトだと/etc/httpd/logs/error_log)を確認すると、下記のメッセージが出ていた。

PHP Fatal error:  Call to undefined function mysqli_connect()

このメッセージで検索すると、下記のページを発見。

http://www.tsibale.com/research/moodle_win.html

これに従い、/etc/httpd/conf/httpd.confに下記を追加し、apacheを再起動(/usr/sbin/apachectl restart)すればOKでした。

PHPIniDir "/etc"

/etc/init.d/mysqld stopでMySQLを停止した状態でconnecttest.phpを呼び出すと、意図どおりエラーメッセージが出たので、正しく動作している模様。

次はRuby on Railsを動かしてみる予定。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Windows XPのVMware上に導入したFedora Core 6でPHPを動かすまで。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amatiny.com/mt/mt-tb.cgi/39

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ADs by Google

このブログ記事について

このページは、tamaが2008年1月23日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Thinkpad T42をA disk read error occurredから復旧するまでのメモ。」です。

次のブログ記事は「Windows XP上のVMwareに導入したFedora Core 6で、Ruby on Railsを動かすまで。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01