Windows XP上のVMwareに導入したFedora Core 6で、Ruby on Railsを動かすまで。その2

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Ruby on Railsをお試し中です。今までの経緯はこちらです。

http://www.amatiny.com/blog/2008/01/windows-xpvmwarefedora-core-6r.html

解説系のページと同じ操作をしても同じ結果にならない事がけっこうあると思っていたら、Railsのバージョンの違いによって仕様が変更になった部分があるようです。

2007年12月にRuby on Railsの2.0.2がリリースされたのですが、デフォルトのデータベースがMySQLからSQLite3になる等の変更になっています。これで、database.ymlの記述が参照しているサイトと違う理由が分かりました。

rails -d mysql [アプリ名]で、従来どおりMySQLをデフォルトとしてアプリケーションを作成可能です。

http://journal.mycom.co.jp/news/2007/12/18/025/index.html

でも、それ以外のコマンドとかも、結構違ってるようです。viewを編集しようと.rhtmlファイルを探しまわっていたら、.html.erbになっていたり。

参考 http://d.hatena.ne.jp/yuum3/20080107/1199690065

新しい方が便利になっているだろうし、新機能も使えていいとは思うのですが、リリースされて1ヶ月ということで、ウェブ上にも書籍にも情報が多くなく、初心者の身としては、以前のバージョンでチュートリアルを写経するところから始めたほうがいい気がしました。

ということで、下記URLを参考に、Rails1.2系で進めてみたところ、だいぶサクサクと学習を進める事ができました。今までかなりハードルが高かった、「ウェブからのデータベースに対するCRUDの仕組み」を数十分で作成でき、ようやくRailsの便利さを感じる事ができました。引き続き、ウェブ上のチュートリアルを試したいと思います。

http://d.hatena.ne.jp/idesaku/20071211/1197371424

http://d.hatena.ne.jp/tetsuarossa/20080102/p1

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Windows XP上のVMwareに導入したFedora Core 6で、Ruby on Railsを動かすまで。その2

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amatiny.com/mt/mt-tb.cgi/41

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ADs by Google

このブログ記事について

このページは、tamaが2008年1月28日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Windows XP上のVMwareに導入したFedora Core 6で、Ruby on Railsを動かすまで。」です。

次のブログ記事は「RedHat Enterprise Linux 4 update6で、FTPとTelnetを有効にする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01