Windows XPにVMwareを入れ、FedoraCoreを入れ、perlが動くようになるまで。(※テスト環境用)

| | コメント(2) | トラックバック(0)

Windows XPにVMwareを入れ、FedoraCoreを入れ、perlが動くようになるまでを実施した時のメモです。

自分の個人PC上でテスト用途で使うだけなので、デフォルトでオフになっている機能は、セキュリティを緩めて可能にする方向で進めています。

・VMware

 VMware Serverがフリーで使える。ダウンロードし、導入。 

参考URL:http://www.aconus.com/~oyaji/windows/vmware_server_win.htm

 

Linux用の仮想マシンを作成。仮想ディスク領域をSCSIで作ると、Fedora導入時に認識しないので、IDEで仮想ディスク領域を作成する。

参考URL:http://blog.nabe.jp/archives/000067.html

・光学ドライブがついていないので、仮想ドライブソフトを使用

 Alcohol 52%

 参考URL:http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060921_alcohol52/

 

・FedoraのISOをダウンロード

・Alcohol 52%で仮想DVDとしてマウント

・VMwareで作成した仮想マシンを起動し、仮想マウントしたDVDから起動する

・あとは、通常のLinuxインストールと同じ。

・Fedora7、8では、DVDイメージからのブート中、loading ata_piix driverのメッセージが出て固まる。Fedora6だとOK。

loading ata_piix driverも、長時間待てばいけるかもしれないが、10分程度進まなかったため、中断。

2008/1/23追記

上記、loading ata_piix driverのメッセージは、20分くらい待つと一応次の画面に進み、インストールを継続できました。ただ、インストールするディスクを選択する際、下記のメッセージが出ます。

エラー /dev/sdaaをオープン中にエラー:そのようなデバイスやアドレスはありません

上記メッセージが/dev/sdaa~/dev/sddzまで延々と出ますが、全てキャンセルを押すと先には進み、インストールを完了することは可能です。ただ、再起動のたびに/dev/sdaa~/dev/sddzまで延々とエラーが出るので、あまり正しい方法とも思いません。回避策の調べがついたらまた追記します。

 

・Fedora Core6は、デフォルトではtelnetが使えない。

参考URL:http://kajuhome.com/telnet.shtml#n02-04

 

・SE Linuxがenforcingだと、FTPできない。permissiveにするとOK。

参考URL:http://vertex.air-nifty.com/blog/2006/09/fedora_core_vsf_20b9.html

・vsftpは、デフォルトではASCII転送ができない

参考URL:

http://sagittarius.dip.jp/~toshi/premature.html

http://sakaguch.com/PastBBS/0037/B0018450.html

 

・apacheのデフォルトのDocumentRoot

  HTMLファイル : /var/www/html HTMLはここに配置し、http://IPアドレス/ファイル名 でブラウザからアクセス可能。

  CGIファイル : /var/www/cgi-bin CGIファイルはここに配置し、chmodで実行権限をつけることで、使えるようになる。http://IPアドレス/cgi-bin/ファイル名 でアクセス。

 

apacheの起動・停止等。

起動 : /usr/sbin/apachectl start

停止 : /usr/sbin/apachectl stop

再起動 : /usr/sbin/apachectl restart

設定ファイル : /etc/httpd/conf/httpd.conf

アクセスログ、エラーログ : /etc/httpd/logs以下のaccess_log、error_log

 

・今後この上で動かせるようにしたいもの。

RUBY on Rails

MY SQL

PHP

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Windows XPにVMwareを入れ、FedoraCoreを入れ、perlが動くようになるまで。(※テスト環境用)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amatiny.com/mt/mt-tb.cgi/37

コメント(2)

IT :

>Fedora7、8では、DVDイメージからのブート中、loading ata_piix driverのメッセージが出て固まる。Fedora6だとOK

私もVMにFedora7インストールしようとして、同じところで詰まりました。

xxxx.vmxファイルに以下追加するとOKのようです
scsi0.virtualDev = "lsilogic"

↓参考
http://www.howtoforge.com/vmware-server-1.04-guest-fix

tama :

おー まさにリンク先の問題ですね。ありがとうございます!
近々試してみます。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ADs by Google

このブログ記事について

このページは、tamaが2008年1月21日 21:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AIX5.1 AIX5.2 マニュアル コマンドリファレンス」です。

次のブログ記事は「Thinkpad T42をA disk read error occurredから復旧するまでのメモ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01