AIXでのシスログ(syslog)の設定手順

| | コメント(0) | トラックバック(0)

■/etc/syslog.confに定義を記述

例:
*.debug;mail.none /var/log/syslog/syslog.out rotate size 1024k files 2

■syslog.confで指定したディレクトリ、ログファイルを作成(syslogdが勝手に作ってくれるわけではない)

#mkdir /var/log/syslog
#touch /var/log/syslog/syslog.out

■デーモンをリフレッシュ
#refresh -s syslogd
0513-095 サブシステムのリフレッシュの要求は正常に完了しました。
#

■syslogd.confの反映はリフレッシュのみでOKですが、念のため、停止、起動は下記で実施します。

#stopsrc -s syslogd
0513-044 syslogd サブシステムは停止を要求されました。
#

#startsrc -s syslogd
0513-059 syslogd サブシステムは始動しました。サブシステム PID は 131158 です。
#

■稼動確認
#lssrc -g ras
Subsystem         Group            PID          Status
 syslogd          ras              131156       活動状態
#

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: AIXでのシスログ(syslog)の設定手順

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amatiny.com/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

ADs by Google

このブログ記事について

このページは、tamaが2008年5月31日 16:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「AIX6.1 マニュアル コマンドリファレンス」です。

次のブログ記事は「FlashのActionScriptでWebcamからの映像にモザイク処理」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01