インフラメモ: 2008年5月アーカイブ

■/etc/syslog.confに定義を記述

例:
*.debug;mail.none /var/log/syslog/syslog.out rotate size 1024k files 2

■syslog.confで指定したディレクトリ、ログファイルを作成(syslogdが勝手に作ってくれるわけではない)

#mkdir /var/log/syslog
#touch /var/log/syslog/syslog.out

■デーモンをリフレッシュ
#refresh -s syslogd
0513-095 サブシステムのリフレッシュの要求は正常に完了しました。
#

■syslogd.confの反映はリフレッシュのみでOKですが、念のため、停止、起動は下記で実施します。

#stopsrc -s syslogd
0513-044 syslogd サブシステムは停止を要求されました。
#

#startsrc -s syslogd
0513-059 syslogd サブシステムは始動しました。サブシステム PID は 131158 です。
#

■稼動確認
#lssrc -g ras
Subsystem         Group            PID          Status
 syslogd          ras              131156       活動状態
#

 

 

ADs by Google

このアーカイブについて

このページには、2008年5月以降に書かれたブログ記事のうちインフラメモカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはインフラメモ: 2008年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

インフラメモ: 2008年5月: 月別アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01